温室や温室の部屋のアプリケーション

FSI 弊社は、黄ばまない、光学的に透明な、防曇処理によって結露を抑制する、優れた水シーティング表面を温室やサンルームにお届けします。防曇コートフィルムは、光の伝達を調節し、植物の生育状況を向上させることにも役立ちます。温室への塗布において、フィルムを防曇添加物を持つ親水性にすることの利点は、水を表面に移し、水はフィルムから広がり、曇りの跡をすべて取り除きます。

温室の結露管理の利点:

  • 光透過の向上 (15-50%)
  • 収穫量、品質、および商業価値の向上
  • 収穫時期が早まる
  • 病気の減少、および殺虫剤の必要性の低減
なぜ防曇コートフィルムは有益で、どういう効果があるのでしょうか。?

結露によって、水がフィルムから植物に落ち、損傷を起こし、病気を誘発させるおそれのある変異を引き起こすことがあります。フィルム表面の水滴は、さらに植物を枯らす危険が増すおそれのある追加的な日光を引き込む可能性があります。表面の別々の水滴は、温室から光を反射して光透過を50%も低下させるおそれがあり、一定の病気の発生率を増加させ、植物の品質と成長を引き下げるおそれもあります。

防曇コートフィルムは、表面の張力を変化させる添加物を含んでおり、水が液滴状に凝縮しないでシート状に広がる効果を作るように働きかけます。その結果、水は玉状の水滴となって温室に留まるのではなく、非常に薄いフィルム状の層となって斜面を下り排水路に流れていきます。このような防曇または防滴効果が、長期的に環境条件に起こります。

水は、お温室の空気に湿気があり、外気温が十分冷たいとフィルム表面に凝縮するおそれもあります。湿度の高い環境では、内部と温室のプラスチックの囲いとの温度差のために、プラスチックの表面に小さな水滴から成る曇りがよく発生します。結露は、相対湿度が高くなると増加し、植物の葉を介して水蒸気が土から空気中へと移動することによって、さらに影響を受ける可能性があります。曇りが形成されると透明性と光透過の低下が起こる可能性があり、大きな水滴のレンズ効果により植物の組織が火傷することにもなりかねません。小さな水滴は大きくなり、滴り落ち始めると、植物に損傷を起させるポイントが、特に苗において増加します。極性のある水滴と極性のないポリマーの表面から起きる表面張力の違いから、こうした曇が水滴を形成します。

温室から湿気やそれが霧状になったものを除去するためには、外から暖かい空気を導入することによる追加的な換気または暖房が必要になることがあります。防曇フィルムは通常、温室内に熱をよく保っておける複数のグレードのポリエチレンから作られています。増加した光透過性温度によって温度の上昇も起き、フィルムの表面の水の層も、熱を保持する特性を増加させます。